タイムカードによる勤怠管理の限界

日本での勤怠管理はタイムカードを使用したアナログな方法が一般的でした。


しかし、現在のIT化が進んだ社会や、多様化した働き方を考えると、アナログな管理方法のデメリットが目立つようになり、スムーズな業務進行を行うためには、より現代に適した勤怠管理方法を導入することが必要不可欠です。

教えて!gooについて考察してみましょう。

タイムカードは集計に多くの時間がかかり、さらにカード自体を保管する場所も確保しなければいけません。さらに本人でなく他の人が打刻した時の判別が難しく、不正打刻が防げないことは問題点として知られていました。


給与計算が給与ソフトで行われている場合、手打ちで対応しなければいけないので手間がかかります。



このようにアナログな部分が多いため、ほとんどの業務をデジタルで行われるようになった現代社会では、就業ルールや供与ソフトの連携が難しく、時代に合わなくなっているのが実情です。そのため近年ではタイムカードではなく、勤怠管理システムを利用した管理に移行している企業が多く見られます。


勤務時間は自動集計なので手間がかからず、集計も自動なので作業を行う為の人件費も必要ありません。

指紋認証などを利用した打刻方法なら、不正打刻をほぼ完全に防止することができます。

携帯電話やスマートフォンを利用した打刻も可能で、GPS機能つきのものならば外出先からの打刻も把握できます。

ただし、勤怠管理システムは維持費用はタイムカードよりも抑えられますが、初期費用は利用するシステムによって高価なものもあるので選定はじっくり行いましょう。



みんなの常識

勤怠管理は従業員の勤怠を管理する事、勤怠と言うのは1日の所定労働時間の管理、残業の集計及び管理、遅刻や早退の管理、業務内容の管理などが含まれるもので、この中でも業務内容の管理は作業日報などを利用して勤怠管理が進められ、それ以外の時間についての管理はタイムカードが基本となるのが特徴です。タイムカードは従業員が出社した時と退社する時の2度、タイムレコーダーを利用して時間を記録するための用紙であり、タイムレコーダーにカードを挿入すると、挿入した時点の時刻を記録すると言った仕組みになっており、遅刻や早退などの把握を行う事が出来ます。...

more

おすすめ情報

社員の勤怠管理に欠かせないのがタイムレコーダーです。従来のタイムレコーダーは、紙のタイムカードにレコーダーで打刻するのが一般的でした。...

more

知りたい科学技術事情

勤怠管理には時間の管理と作業内容における管理の2つが在りますが、時間の管理はタイムレコーダーによる時間の管理であり、作業内容における管理は日報などの書類による管理が行われるのが一般的です。タイムレコーダーは時間を証明するために利用する設備の一つで、タイムカードを挿入した時の時刻をタイムカードに記録すると言った役割が在ります。...

more

意外な事実

勤怠管理システムはクラウド型を使った方がメリットが大きいです。クラウド型の勤怠管理システムだったら、無料のことが多いので導入のコストを大幅に削減できます。...

more
top